同窓会会則・細則

桐蔭学園同窓会 桐蔭会 会則

第1章 総則

第1条
本会は、桐蔭会と称する。
第2条
本会は、学校法人桐蔭学園(以下、「桐蔭学園」という。)の建学の精神に則り、会員(第5条に定義する)相互の親睦を図り、桐蔭学園の発展に寄与することを目的とする。
第3条
本会は、事務局を桐蔭学園内に置く。
第4条
本会は、第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  • 会員名簿の管理
  • 会報の発行
  • ホームページ等による広報
  • 桐蔭学園のクラブ活動等に対する援助
  • 桐蔭学園の後援
  • その他必要な事業

第2章 会員

第5条
本会は、次に揚げる会員で組織する。
  • 桐蔭学園高等学校(男子部・女子部)、桐蔭学園中等教育学校及びドイツ桐蔭学園(以下「桐蔭学園高等学校等」という。)を卒業した者を会員とする。かつて桐蔭学園高等学校等に在籍したもので、本会に入学を希望する者は、会員の推薦により役員会の決議を経て会員とすることができる。
  • 会員にして本会または桐蔭学園の名誉を傷つけるなど本会の会員として不相当な者は、代議員会の議決により除名することができる。

第3章 総会

第6条
本会は、会員により構成される総会を置く。
第7条
総会は、定時総会として3年毎に開催する。必要があるときは臨時総会を開催することができる。
第8条
総会は、役員会の決議により会長が招集する。
第9条
総会においては、次の事項を決議する。
  • 代議員の選任
  • その他、代議員会で定めた事項

第4章 代議員

第13条
本会には、桐蔭学園高等学校男子部、桐蔭学園高等学校女子部、桐蔭学園中等教育学校及びドイツ桐蔭学園の各卒業年度より原則として各2名以下の代議員を置く。
第14条
代議員は、総会の決議で選任する。
第15条
代議員の任期は、選任された総会の次に開催される定時総会の終結の時までとする。但し、再任を妨げない。
第16条
代議員は、各卒業年度の会員による本会に関する合理的意見を認識した場合は、代議員会にできる限り反映させるように努める。

第5章 代議員会

第17条
本会には、代議員による構成される代議員会を置く。
第18条
代議員会は、定時代議員会として毎年開催する。必要があるときは臨時代議員会を開催することができる。
第19条
代議員会は、役員会の決議により会長が招集する。
第20条
代議員会においては、次の事項を決議する。
  • 事業の報告と計画の承認
  • 決算と予算の承認
  • 役員人事の承認
  • 会則変更の承認
  • その他必要な事項
第21条
代議員会の議長は、会長又は会長の氏名により代議員会で選任したものとする。
第22条
代議員会の決議は、次の方法により行う。
  • 代議員会の決議は、出席者の過半数をもって行い、可否同数のときは議長の決するところによる。
  • 委任状により議決権を行使したものは、出席者として扱う。但し、委任状により委任されるものは、代議員に限るものとする。
第23条
代議員会の議事録は、出席した代議員のうち会長が指名した者が作成し、出席した代議員のうち会長の指名した2名の署名を得た後、本会事務局で保管する。

第6章 役員

第24条
本会に次の役員を置く。
  • 会長 1名
  • 名誉会長 1名
  • 副会長 2名
  • 理事 10名以内
  • 会計 2名
  • 監事 2名
  • 相談役 若干名
第25条
各役員は、次の方法により選任する。
  • 会長、副会長、理事、会計及び監事は、代議員の中から、代議員会の決議により選任する。
  • 名誉会長には、学校長を推戴する。
  • 相談役は、会長が指名する。
第26条
役員の任期は3年とする。但し再任は妨げない。
第27条
各役員の任務は次の通りとし、責任をもって本会の運営に当たる。
  • 会長は、本会を代表し会務を統括する。
  • 名誉会長は、会長からの諮問に応じ、役員会に意見を述べることができる。
  • 副会長は、会長を補佐し、会長が事故あるときはその職務を代行する。
  • 理事は、役員会において第30条に定める事項の審議を行う。
  • 会計は、本会の会計事務を司る。
  • 監事は、本会の業務及び会計についての監査を行う。
  • 相談役は、会長からの諮問に応ずる。

第7章 役員会

第28条
本会には、役員により構成される役員会を置く。
第29条
役員会は、必要に応じて会長が招集する。
第30条
役員会においては、次の事項を決議する。
  • 事業の執行、事業計画及び事業報告に関する事項
  • 収入、支出、予算及び決算に関する事項
  • その他必要な事項
第31条
役員会の議長は、会長とする。
第32条
役員会の決議は、次の方法により行う。
  • 役員会の決議は、会長、副会長、理事及び会計のうち、出席者の過半数をもって行い、可否同数の時は議長の決するところとする。
  • 委任状により議決権を行使した者は、出席者として扱う。但し、委任状により選任される者は、役員に限るものとする。
第33条
役員会の議事録は、出席した役員のうち会長が指名した者が作成し、出席した役員のうち会長の指名した2名の署名を得た後、本会事務局で保管する。

第8章 会計

第34条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第35条
本会の会計は会費、寄附金その他の収入による。
第36条
本会会費は、本会会員が桐蔭学園高等学校等の入学時に同窓会費として桐蔭学園高等学校等に納入した1万円を、同人の卒業を条件として、桐蔭学園高等学校等が本会会費に充てるものとする。桐蔭学園高等学校等に入学し、退学などの事情により卒業しなかった者(以下「非卒業生」という。)が入学時に納入した1万円は、桐蔭学園高等学校等を通じて当該非卒業生に返金する。
第37条
本会の運営に必要な経費は、本会会費が預けられた預金口座を通じて、役員会の決議に基づき会長がこれを支出する。但し、会長は、必要に応じて、本会事務局にその事務処理を委任することができる。
第38条
役員は、毎年開催される定時代議員会において会計報告を行う。

第9章 雑則

第39条
この会則は、代議員会の決議により改定することができる。
第40条
本会が行う慶弔及び表彰については、役員会の決議により別に定める。
第41条
この会則に必要な細則は、役員会の決議をへて会長が定める。

附則

この会則は昭和42年4月1日から施行する。

昭和55年11月9日一部改正

昭和57年2月28日一部改正

昭和62年2月21日一部改正

平成27年7月12日一部改正

桐蔭学園同窓会 会計細則

目的

第1条
本細則は、桐蔭学園同窓会会則(以下単に「会則」という。)第41条の定めに基づき、本会の会計に関し、会員が遵守すべき事項を定める。 なお、本細則で用いる用語は、会則で用いる用法に従う。

(入会希望者の会費納入義務)

第2条
かつて桐蔭学園高等学校等に在籍した者で本会に入会を希望する者が、会則第5条1項後段の定めにより会員となった場合、遅滞なく、本会 会費として1万円を桐蔭学園高等学校等に納入するものとする。

(経費の予算内支出)

第3条
1、本会の運営に必要かつ合理的な経費であって一件100,000円を 超えないものは、会則第37条の定めにかかわらず、一会計年度中の支出累計金額が会則第30条の定めにより役員会で決議された各年度 の科目別予算を超えない範囲において、会長が、その都度、役員会の決議を経ずに、これを支出することができる。 2、会長は、前項の定めにより支出した経費の使途及び明細を、支出後最初に開催される役員会において、報告するものとする。ただし、会長は、必要に応じて、本会事務局に報告の事務処理を委任することができる。

(クラブ活動等に対する援助)

第4条
1、本会は、桐蔭学園高等学校等におけるクラブ活動(運動部及び文化部の活動並びに生徒会活動をいう。)及び在籍する生徒の学校活動に対して、下記の金額を限度として、当該活動内容、人数等を考慮のうえ、 援助金または功労金を贈ることができる。  
全国大会レベル 関東大会レベル
団体 500,000円 250,000円
個人 50,000円 20,000円
  2、前項の定めにかかわらず、特に顕著に援助または功労報奨の必要性が高い活動と認められるものとして桐蔭学園高等学校等の学校長または理事長が推薦したものであって、役員会の決議により承認された場合には、前項記載の限度金額にかかわらず、援助金または功労金を贈ることができる。

(慶弔関係費)

第5条
1、桐蔭学園教職員(退職者を含む)、および、本会の活動に特に貢献した会員に対する慶弔関係費については、各年度中の支出累計金額が代議員会で決議された予算を超えない範囲において、役員会の決議を経て、会長が支出する。ただし、一件30,000円を超えないものであって、緊急性を要する場合は、役員会の決議を経ずに会長が支出することができる。 2、会長は、前項の定めにより支出した慶弔関係費につき、その使途及び明細を、支出後最初に開催される役員会において報告するものとする。 ただし、会長は、必要に応じて、本会事務局に報告の事務処理を委任することができる。

(寄付金)

第6条
本会は、会則2条または4条に則り、代議員会の承認決議を経て、寄付金を支出することができる。

(改訂)

第7条
本細則は、役員会の決議により改定することができる。

(施行)

第8条
本細則は、平成27年2月21日から施行する。