2021.09.09 お知らせ

2021年6月26日 ホームカミングデー開催報告

2021年6月26日 ホームカミングデー 開催報告

広く卒業生のみなさまをお迎えできない状況ではありましたが、ホームカミングデーとして以下の通りイベントを行いました。

1 ホームカミングデー挨拶

桐蔭会 柏倉栄一会長(男子7期、柏倉法律事務所)、桐蔭学園 溝上慎一理事長、桐蔭学園 岡田直哉校長よりご挨拶をいただきました。

Alumni1

Alumni1

2 絵画「第四十九期」贈呈式

木村直人氏(桐蔭会理事、男子49期、東京芸術大)制作の絵画を、桐蔭学園理事長 溝上慎一先生へ寄贈する式典を執り行いました。

Alumni1

3 桐蔭会ロゴデザイン寄贈式及び弓納持太無先生よりメッセージ

弓納持太無先生(1972~93年まで桐蔭学園で書道の指導)にご制作いただいた「桐蔭会」の題字をご披露し、弓納持太無先生からのビデオメッセージを視聴しました。

Alumni1

4 卒業生講演会

①「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」への気づき

間淵祐子氏(女子10期、みずほフィナンシャルグループ)

小酒部さやか氏(女子13期、natural rights代表)

企業におけるダイバーシティ推進の紹介とご自身の経験についての間淵氏による講演、間淵氏・小酒部氏のディスカッション、質疑応答が交わされました。

ご自身のプライベートを通じた職場での出来事や想いは、多くの働く女性が「私もそう」と共感できる内容でした。ダイバーシティ&インクルージョンに取り組む企業の試み、働く職員の想いを伺い、参加者自身も個人のキャリアデザインについて考えさせられる内容でした。

Alumni1

②「新型コロナウイルス感染症について」

堀口速史氏(男子21期、堀口クリニック院長、呼吸器内科)

宮崎秀和氏(男子21期、川崎市立多摩病院、循環器内科)

元木葉子氏(女子11期、医薬品医療機器総合機構、産婦人科)

新型コロナウイルス感染症について、専門及び立場の異なる3名の卒業生がタイムラインを追いつつ語り合う形式での講演会を行いました。中国武漢での重症肺炎症例の報告に始まり、国内感染例の拡大、緊急事態宣言、ワクチンの開発や導入と目まぐるしく状況が変化するなか、専門の違う立場の医師が個人と集団の防衛の観点から感染症診療の実際について参加者と語り合いました。

Alumni1